オリンピック観戦が大好きです。
オリンピックだけは一日中テレビで見ていられます。
きっと、一時的に私の中のナショナリズムが目覚めるのか!
・・・っていうよりも、一流アスリートが集まるんですから、面白いゲームになりますよね。
しかも、4年に一度の大きな国際大会。
競技によっては人生のすべてが変わる選手もいると思います。
そんな人生をかけた大一番がつまらないわけがない!
中でも大好きなのは柔道です。
一度も柔道をやったことないし、会場で観戦したこともありませんが
オリンピックだけは盛り上がります。
今回は女子70キロ級の新井千鶴選手とマディナ・タイマゾワ選手の準決勝の試合がすごかった。
本試合4分間に加えゴールデンスコアまでやって合計で16分41秒もの長丁場でした。
お互い技をかけ続けたけど決めきれない。
途中で新井選手が負けるのかとヒヤッとする場面もあり、
応援している私も息を止めて拳を握りしめていました。
結果はタイマゾワ選手が落ちてしまい新井選手が勝ったけど
どちらの選手も柔道家として素晴らしい選手だと思いました。
タイマゾワ選手は目の上が青く腫れ上がり、首のあたりにも傷があり本当に痛々しい様相でした。
でも、どんなに困難な状況になっても「まいった」もなく最後の最後まで戦った。
・・・落ちるまで戦ったのには称賛しかありません。
ここまでの選手が落ちるようなことは良くないとも聞いたことがありますが
私はカッコいいと思いました。
ただ、やはり、体が心配なので落ちるような試合はして欲しくないですが。
新井選手金メダルおめでとうございます。
タイマゾワ選手銅メダルおめでとうございます。

Sponsored Link