オリンピックが閉会しました。
毎日一喜一憂していたので閉幕したのは寂しいです。
アーティスティックスイミングでは日本はデュエット、団体ともに4位でした。
きっと選手の皆さん、コーチ、関係者の皆さんはメダルが欲しかったと思いますが
ただ、好きで観戦している私からすると本当にすごいスキルだったし、
プログラムも曲も衣装も本当に素敵でした。
選手の皆さんもスタイルが良くって羨ましいです。

以前、水泳教室で「背泳ぎの姿勢で天井に向けて片手をあげてください」と
指示があったのでその通りすると・・・水中に沈むんです。
もちろん、片足をあげても沈みます。
先生曰く「人間ってそういうもの」らしいです。
先生は、もしも水難事故にあった時に慌てないようにと教えてくれました。
ちょっと練習すると手で水を掻くと沈まなくなったので、
仲間とシンクロの選手みたいと遊んでいました。

さて、東京五輪では水中の映像が今までより多く写っていた気がしました。
ROCの選手は、水中でもみんな同じ動きをしていたので技術の高さが伺えます。
スペインのデュエットは野球がテーマで、日本語の実況が入っていて
無観客でしたが、見ている人を楽しませようとしているんだとワクワクしながら観ていました。
確か日本人がコーチだったと思います。

日本チームの「空手」や初音ミクが歌う曲での演技も素晴らしくて、
一人でも多くの子供たちがオリンピックを目指してくれたらいいなと思いました。
新体操も女性らしい美しい演技、衣装で楽しかったです。
セーラームーンも話題になりましたね。

私は「女性らしさ」が大好きです。
きっと、私は持っていないから憧れるんだと思います。
ミスコンも大好きです。
私自身はキレイでもないし、可愛くもないし、太っているし、良い所は何にもないけど、
素敵な人を見るだけで幸せな気分になれます。
スポーツ選手もミスコンの人たちも、目標は違っても
沢山努力をしていると思います。
こうやって文字にするとキレイが好きというよりも
「努力」している人が好きなのかもしれません。
本当は自分が努力したらいいんだろうけど
それができたらもっと痩せてるんだろうな(笑)
だから、最近のミスコンに対する考え方などは少し寂しさも感じます。
男だからとか女だからとか・・・一元的な考えじゃなくて
男の良さとか女の良さとか、その人の良さとか・・・互いに認めることができたらいいな。
なんて漠然と思っています。

Sponsored Link