随分前の話になりますが、
飛行機の中で「具合の悪いお客様がいらっしゃいます。
お医者様か看護師、医療従事者の方はいらっしゃいませんか」というアナウンスがありました。

私の後ろに座っていた親子連れのお子さんの様子がおかしかったんです。
そのお子さんは飛行機に乗り込んだ時は、元気におやつを食べていました。
私は着席後すぐに眠ってしまったので、どんな経緯で具合が悪くなったのかはわかりませんが
騒動があって後ろを振り返ると、お子さんの顔が青紫色になっていて
お母さんが一生懸命ほっぺを叩いていました。
いわゆるチアノーゼというヤツでしょうか。
私はチアノーゼを経験したことがないので何とも言えませんが、
異常事態という事ははっきりわかります。
機内アナウンスが2回あった後に、ようやく1人の方が名乗り出ていましたが、
子供は範疇外という事で申し訳なさそうにしていました。
でも、脈をとり、瞳孔をチェックし、しばらく胸をトントンと軽く叩いていました。
すると自発呼吸が始まったようで、顔色がす~っと回復しました。
まだ意識は戻っていませんでしたが、
瞬きをしながら咳き込んでいたので大丈夫そうです。(大丈夫と信じています!)
タイミングも良かったのか、優先的に着陸でき、すぐに救急車で搬送されました。
あの症状はいったい何だったのか・・・
熱も出ていたようですが、おやつの中にアレルギーが出るようなものが入っていて、
アナフィラキシーを起こしたんでしょうか。
それにしてもCAさんも初めての体験だったのか、
マニュアルとにらめっこしながらの対応でしたし
キャプテンもコックピットから出てきて確認することはありませんでした。
私も緊急時の対応ができるように救急救命の勉強をしようと思いました。
それにしても飛行機内での対応の難しさを痛感した出来事でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link